男女

メリットが盛り沢山な電話代行を知ろう|導入する事で企業は安泰

  1. ホーム
  2. 5W2Hで記載する事

5W2Hで記載する事

女性

読み手になって考慮

商品の取扱い手順や、業務の流れなどを書面にしておくことは誰が行っても同じ取り扱いをすることができることを実現します。その書面がマニュアルです。しかし第三者が読んでわかりやすくないと意味がありません。また細かすぎるなど読む人が読む気を失うようなボリュームであってはなりません。最近の家電製品などは、多機能であるため、マニュアルに記載しなければならない項目が多数存在します。そのため、基本的な使用方法と詳細な情報の二種類に分割するなどの工夫がこなされています。商品マニュアルは読み手にとってわかりやすいことが大事なポイントです。マニュアル作成の際には、伝えたいことを記載するのではなく、読み手が理解しやすいことを念頭に作成する事が大事なポイントです。

客層に合わせた工夫

マニュアル作成では、5W2Hが大事なポイントです。いつ、どこで、誰が、何をする。そしてなぜ、どのように、最後にどのくらいを順序よく記載することが大事になります。あくまでもマニュアルを読むユーザーは初心者であることを忘れてはなりません。初心者にもわかりやすく記載するには、当然わかっていると判断されることから順序よく記載することが大事なのです。マニュアル作成を失敗するとカスタマーセンターなどに問い合わせが入る確率が増加します。マニュアル作成をしっかり行うとコスト削減にもつながるのです。またエンドユーザーの客層などを理解し、文字の大きさや、図解の程度などを工夫することで、企業に対する信頼性も高まるのです。